顔のしわとたるみが年齢を重ねるごとに気になってきているので、色々と対策を練っています。

まず取り入れたのは頭皮ほぐしです。頭皮が硬くなると顔がたるんでくるそうで、それを防止するためお風呂でマッサージを行います。確かに頭皮をほぐすと頭からおでこにかけてが軽くなったように感じます。ただ、ちょっと腕が疲れるので面倒で、ついついサボってしまうのが悩みです。

次に、目元や口角がたるむと一気に老け込んで見えるので、表情筋を鍛えて重力に対抗しようと考えました。目や口を大きく開けて、普段使わない筋肉を動かします。しかしこれにはある欠点がありました。口を大きく開けるたび、ほうれい線や笑いじわが深く出てくるのです。繰り返していたら、今あるものが更に深くなって定着してしまうのではと不安になってきました。

そんな時、テレビでたまたま見かけたのがリガメントほぐしというものでした。たるみやほうれい線対策に行うようで、表情筋などが結びついているポイントがあり、そこをほぐすというものでした。ほうれい線や目元のポイントを押さえるだけという手軽さからすぐに取り入れてみました。やり過ぎは禁物とのことですが、ツボ押しみたいな感じで痛気持ち良く、つい力が入ってしまいます。

こうやって鍛えたりほぐしたりしていたら、ちょっと変化がありました。口角を上げた時に出るしわが、明らかに薄くなったのです。笑いじわは悩みの1つだったのでちょっと嬉しいです。たるみに関しては、毎日鏡を見ているとよく分かりませんね。でも、最低でも現状維持はできていると思うので、しばらく続けてみようと思います。