日本人の顔は平たく、一重が多いので、非常につまらない顔立ちと言われています。特に年齢を重ねると瞼のたるみが目立つようになり、いかにも老人という風貌になりやすい傾向があります。

そこで今回はなぜまぶたがたるむのか、そしてアイクリームがまぶたのたるみにきく秘密を紹介します。

まぶたがたるむ原因

まぶたがたるむ最大の原因は筋肉の衰えです。動物である以上は避けて通れない老化現象です。しかし逆に見れば、まぶたの筋肉を維持できればまぶたのたるみを予防することができます。目の周りのマッサージを含めて、意図的にまぶたをトレーニングすれば、実年齢よりも若々しい筋肉をつけることができます。

次に、疲れや乾燥によって皮膚の水分が失われて、ハリがなくなってしまうことが原因として考えられます。この点毎日アイケアしている人はある程度の対策ができていると思います。乾燥肌の人や空調が効きすぎた空間にいる人、働きすぎな人は顔の水分が蒸発しやすく、疲れもたまりやすいので要注意です。

アイクリームがまぶたに効く秘密

アイクリームの最も注目すべき効能は保湿にあります。先ほど挙げた、まぶたのたるみの原因の一つである乾燥を防ぐことができるのです。だからアイクリームを毎日丁寧に使い続ければ、目元は潤いをキープし、ハリがでてきます。その結果、まぶたのたるみが少しずつ改善できるのです。

しかしアイクリームにも限界があります。やはり老化現象を食い止めることはできません。だから表情筋肉や目の周りをマッサージするなどして、顔全体の若返りを意識したスキンケアを心がけることが大事です。