皆さんは、どういった時に「たるみ」を感じますか?ちょっと太ってしまってあごの周辺がたるみがち、というケースは除いて、年齢とともにお肌全体にハリがなくなっていき、調子の悪い時にそれが顕著になる…という場合が最も多いのではないでしょうか。

たるみの引き金になる不調には個人差があると思いますが、私の場合はやっぱり睡眠不足が一番大きく影響します。あまりに精神的に疲れてしまったり、仕事や家事に追われてどうしても就寝が遅くなってしまった、という夜の翌朝は、鏡の中の自分にびっくりすることがしばしば。地球の引力が今朝は格段に増えているのね、なとど現実逃避をしてしまいたくなるほど、頬や目元にふにゃんとした印象が出て、悪くするとそれがしわにも見えてしまうのです。たるみの他にも顔色が悪くなってくすみの原因にもなるので、やはり質のよい睡眠を一定時間とることはとても大事です。

現在は睡眠導入を助けるサプリメントなどもあるので、状況に合わせて利用するとよいでしょう。ですが基本的には、やはり定期的な運動および、太陽光を浴びることが大切です。

「太陽の光なんて浴びまくったら、それこそたるみの他にもしわやしみの原因になるんじゃ?」と心配される方もいるでしょうが、あまりに陽光を遮断してしまう生活もよくありません。もちろん適切なUVケアを施した上で、朝の早い時間帯に少し屋外を歩いてみたり、あるいはちょっとした体操などをするのがベストです。あまり直接的な関係を感じないかもしれませんが、こうして陽光を浴びてしっかり体内時間を整えることで質のよい睡眠を確保できると、たるみ知らずのお肌により近づくことができます!